FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文学少女ととりにくの感想 上

>竹竿さん
マジだよ 読みきったあとに挿話集2を読むと心が洗われるよ・・・
>鴉さん
ヤンデレ大好きな人間にはたまらないだろうねコレ
>ホエーさん
あなたが良くてもほかの人がいけないとかあるんだよな
俺はどっちでもいい人間だけども

ネタバレ注意
原作本筋の「神に臨む作家上下」読了or映画を見に行った
という人を推奨します
今回の話は「慟哭の巡礼者」メインですが
若干ロマンシェの話も入ってました

キャスト紹介
天野 遠子(あまの とおこ) 声 - 花澤香菜 井上 心葉(いのうえ このは) 声 - 入野自由 / 少年時代 - 斎藤千和 
朝倉 美羽(あさくら みう) 声 - 平野綾 琴吹 ななせ(ことぶき ななせ) 声 - 水樹奈々
櫻井 流人(さくらい りゅうと) 声 - 宮野真守 芥川 一詩(あくたがわ かずし) 声 - 小野大輔 
姫倉 麻貴(ひめくら まき) 声 - 伊藤静 竹田 千愛(たけだ ちあ) 声 - 豊崎愛生(あいなまさん)

いや本当にキャスト豪華だなオイ
アニメ化されていない作品だったので、キャラ紹介なども考えると2時間では・・・と思える作品だった
無理やり5巻の内容に少しだけ6巻の話を入れたのはミスだったと思う
全体的には1000円の価値があるような・・・ないような・・・という作品だった
俺?あの修羅場で満足です
それでは時系列順に紹介

まずはアニメ化されて無い作品だったのでキャラ紹介 目立つのはアゴ
そしていきなりオリジナル展開
ここで年賀状の裏の絵を5枚ほど増やして、ソレを文芸部のポストに投入
それの犯人を突き止めよう。という展開になりました。
絵の正体の時にコノハの過呼吸フラグも建てます
ああ犯人は千愛です あいなまさんの大きな出番終了
そしてこの時に「朝倉美羽さんからです」と伝えられます。この改変はアリかもしれない。ただ原作が一番良いのは間違いない

次にななせと一緒に初詣。・・・スタイル抜群設定のななせなのに胸がなかっケフンケフン
そしてここで流人君が出てきて3股を掛けている話なのだがカット
映画とか行くという話も一切無し ・・・ああ
そしてオリ展開 新学期になりまして千愛からななせの入院を聞く
あいなまさんの出番終わり
入院先の病院へ行くと最初の修羅場。ななせとミウが口喧嘩、
ここに一詩も登場して二人の印象を悪くなるように擦り付けます。この時のミウの目はきれいでした

再び病院へ
ななせの病室はスルーしてミウの所へ ・・・ちなみにここからななせのお見舞いはありません ぶっ殺すぞコノハ
ミウのところへ行ってカムパネルラの願いは何か、を問われます
会話は大体 コノハ「何でミウは飛び降りたの?」 ミウ「カムパネルラの願いって何かわかる?」
遊戯王ですかアンタらは
この時コノハの本を読んでいません、この改変がミスだと思うんだ

何か重いので一回ここで休止
続きは後で
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。